MENU

アロマのある生活で無理なく健康を目指す

私は生活にアロマテラピーを取り入れています。

 

科学的根拠がないものはあまり信じたくはないのですが、いい香りがすると癒やされますし一部の精油には身体や精神に作用するという論文が出ているみたいなので信憑性はある方なのかなと思います。

 

私が特に気に入っているのは気分の高揚と、反対にリラックス作用のある精油です。

 

気分を高めたい時はローズマリーとレモンの精油を混ぜて嗅いでいます。

 

どちらも調味料としても使われている素材なので、美味しそうな感じがするのが特徴です。

 

特にいい味を出しているのがローズマリーの香りですね。

 

スッキリした清涼感が感じられますし、爽やかな香りで自然と目が覚めます。

 

どうしても片付けたい仕事をしたい時や、ぼーっとする気分を引き締めたい時にはピッタリです。

 

反対に、リラックスしたい時はラベンダーとオレンジスイートをブレンドしたものがうってつけです。

 

私は長年不眠に苦しめられてきていますが、このオイルを嗅いだ時は気持ちよく眠ることができています。

 

ローズマリーとレモン、ラベンダーとオレンジスイートはアロマテラピー初心者にもオススメされているセットのようですね。

 

私も初めて本格的に手に取った精油が、これらのセット品でした。

 

この4種類のオイルは王道中の王道ですが、最近だと個人的にはゼラニウムの香りが気に入っています。

 

ローズ調の中に微かにハーブが混ざった、適度に柔らかみのある香りです。

 

これは女性の体質の不調に効果があるとのことでした。

 

その手の不調は過多月経しかなく、それについては効果があまり感じられませんでした。

 

元々生理痛が酷い人などだったら、オイルのある無しで痛みが変化するか比較できるんですけどね。

 

ただゼラニウムのオイルを嗅ぐと、生理が早く来たり周期が安定するのがメリットだと感じました。

 

女性の身体の安定の他にもリラックス効果や安眠効果などもあるようなので、今では手放せないオイルのひとつです。

このページの先頭へ