MENU

歯の定期検診で歯茎の腫れを改善できた

私は先日歯の定期検診に行ってきました。

 

定期検診の大切さはよく歯科医が言っていますが、どうも気が進みませんね。

 

3ヶ月おきに来てくれと言われるのですが、たかが3ヶ月で口の中の状態がどう変わるのか疑問です。

 

歯の病気がある人ならその位の頻度で行った方がいいのかもしれませんが、健康なら心配のし過ぎでは? と思ってしまいます。

 

私は以前、3年ほど定期検診をサボった時期がありました。

 

別に歯も痛まないし違和感が無かったので行かなかったのです。

 

しかし久々に行ったものですから歯型を取られたり診察に時間をかけられたりして、その緊張感は凄まじいものでした。

 

この私にまさか虫歯があるのかと不安になったりもしましたね。

 

結局至って健康だったので、胸を撫で下ろしたのですが。

 

そんな出来事の後、私は一度病院を変えました。

 

そこで歯茎に炎症が起きていることを指摘されました。

 

確かに、歯磨きをしただけで歯茎から血が出ることが増えたなと思っていた時だったのです。

 

なんでも歯についた歯垢がよくないそうです。

 

器具で歯垢をすくって顕微鏡で見せてもらったところ、無数の菌がウヨウヨしていて気持ちが悪かったです。

 

インパクトが強すぎて、「歯垢は危険なものだ」と口で言われるよりも説得力がありました。

 

歯垢よりも歯石の方が悪いイメージがあったのですが、歯茎の炎症を起こすのは歯垢の方らしいです。

 

歯垢が古くなって固まりだすと、それが歯石になるわけですね。

 

歯石が気になったので歯科に行きましたが、歯石を取るのは炎症が落ち着いてからと言われました。

 

それからは毎日糸ようじを使って、まめに歯垢を取るようにしました。

 

そうしているうちに段々歯茎の腫れがひき、無事に大きな歯石も取ってもらえました。

 

エナメル質が丈夫だとかで虫歯にはなりにくい体質らしいですが、歯茎はそうもいかないようです。

 

数年放置すると万が一何か問題があった時に恐怖いですし、せめて半年に一度くらいは定期検診に行った方がいいかもしれないなと思いました。

このページの先頭へ