MENU

月経カップで自分の身体を見つめ直す

私はここ1年ほど、生理の時に月経カップを使っていました。

 

今までトイレに頻繁に行かない生活習慣だったので昼でも夜用ナプキンを使用しており、自分の出血量を正確に把握できなかったためです。

 

前から薄々月経過多だろうと気づいていましたが確信が持てなかったため、実際に血を計量できるカップを使うことになりました。

 

また、毎月出る嫌なゴミが減るのも魅力的でした。

 

毎月の出血量は記録してエクセルでグラフにして残してます。

 

単なる思いつきでこうやって管理をし始めたのですが、出血量の変遷がわかるので非常に役立っています。

 

カップを使いたての頃の私の出血量は多い時で230ml、少なくても180ml程度でした。

 

量は個人差が激しいらしいですが、140mlくらいでも多いとされているそうですね。

 

それを考えると私の量は異常とも言えると思います。

 

病気を疑って病院で検査もしましたが、不安を裏切る形で子宮内にはなにも問題がないとのことです。

 

てっきり筋腫の3,4つはあるのかなと思っていましたが。

 

一番の不安が解消されたものの相当月経過多はキツく、酷い貧血にも悩まされました。

 

そこで2年くらい様子見してもこの出血量が続くようなら、ミレーナを入れる手術を受けようと計画を立てたのです。

 

しかしカップを利用して5ヶ月ほど経ってから、徐々に量が落ち着きを見せ始めてきました。

 

この頃から水分補給を完全にルイボスティーに置き換えたのでその効果かなとも思ったのですが、本当のところはわかりません。

 

多い時で180ml、少ない時も150mlと相変わらず凄まじいですが、以前に比べると基準値に近づいてきています。

 

とは言え現状で過多なのは変わりませんし夫と話し合って生涯子供を作る予定もありませんので、ミレーナの導入はほぼ確定しています。

 

興味本位で使い始めたカップによって自分の健康状態だったり、ちょっとした人生設計について見直せたのは思いの外よかったと思います。

このページの先頭へ