MENU

懐かしのPC眼鏡を使ったら眼精疲労が改善できた

私は昔からPCやゲームのヘビーユーザーです。

 

家にいる時はほぼずっと何かしらの機器を触っています。

 

OLとして働いていた時もそうでしたが、モニタをずっと眺めていると目が疲れてくるのを痛感していました。

 

丁度その時期はブルーライト対策の商品が流行っていて色々ステマされていたのを覚えています。

 

その時にブルーライト眼鏡を買ったはいいものの、生まれてこの方裸眼だった身にはどうも眼鏡は違和感があってなんとなく着用しなくなっていました。

 

しかしここ最近仕事が忙しくなりモニタを見る時間が以前に増して長くなったので、PC眼鏡をクロゼットの奥から引っ張り出してきて使っています。

 

モニタの輝度を下げたり部屋の明るさを適切にするのは前提として、眼鏡をかけることによって目の負担が減ったように思います。

 

マルチディスプレイで作業をすることが多いので、裸眼だと目の端から端までがやたら明るく疲れるのが悩みでした。

 

しかしPC眼鏡をかけると、眩しくて目が痛くなったり、目の痛みから派生して頭が痛くなったり吐き気がしたりということがなくなりました。

 

目の疲れというのは恐ろしいもので、一旦酷く疲れが気になりだすとどんどん気分がイライラしたりやる気が失せたりしてきてしまいます。

 

働いている時は自宅のオフィスのように好きな時に目を休めることができないので、毎朝ホットアイマスクをして強引に疲れを取って対処していました。

 

それほど私を悩ませた目の疲れですが、PC眼鏡をしてからは劇的に改善されたように感じています。

 

寝る前にPCやスマホを見る時も、この眼鏡を使うようにしました。

 

そうすることによって脳が不必要に覚醒しなくなりました。

 

おかげですんなりと入眠できる日が増えましたし、眠りも以前よりは深くなったかなと思えます。

 

所詮プラシーボ効果かなと思って侮っていましたが、確かに眼精疲労は改善されたのでこれからは積極的に使っていきたいアイテムです。

このページの先頭へ